小学校2年生(初級)

 小学校2年生での入門について

 すでに計算が得意なお子さんは、より速く正確に計算できるようになります。一方で計算が苦手なお子さんは、数の感覚が身に付き、計算が得意になってきます。また、そろばんでの計算(珠算)の練習を積むことで、大抵のお子さんは。そろばんの珠のイメージが少しずつできてきます。そろばんの珠のイメージができてくると、珠算式暗算の上達につながります。なお、小学校2年生での入門の場合、中級以上において、「珠算先行」(珠算の級が暗算より高い。珠算2級暗算3級など)になるお子さんのほうが多いです。(その場合でも、暗算力は、上達しています。)

※ 小学校3年の終わり頃までに、中学受験向けの学習塾に通い始める予定の場合は、少しでも早めの入会をおすすめいたします。

小学校2年生(初級)の指導方針

 ① 入門から珠算10級まで

  そろばんでの数の表し方、珠の動かし方から、スモールステップ式に丁寧に指導を行います。そろばんで簡単な足し算や引き算をする段階から、やや複雑なたしざん・ひきざんの計算する段階まで、意欲をもって取り組めるようにサポートしていきます。(なお、そろばんでの2けたの加減算の学習が進んできた頃に、かけ算九九を覚えていない場合は、覚える必要があります。)そろばんを使って、2けたの加減算に習熟する(珠算準10級)と、そろばんでのかけ算の練習をはじめます。なお、「基礎学習」は多くの場合、不要です。(必要な場合は、小学校1年生に準じて、「基礎学習」を行います。)

 ② 珠算10級から中級認定まで(幼児で珠算10級に合格した方も同様です。)

 珠算10級に合格しますと、わりざんを学習していきます。また、この時期からそろばんの珠をイメージして行う暗算(珠算式暗算)の練習を始めます。この時期、かけざん・わりざんは、最初は少し難しく感じる場合もありますが、計算できるようになることで、そろばんが楽しくなってきます。この段階でも、そろばんや珠算式暗算での足し算・引き算の練習を並行して行っていきます。そして、2~3桁の数で割るわりざん(珠算準5級)ができると、基本的なそろばんを使った計算が一通りできることになります。 この段階の学習をしていると、小学校で習うかけざん・わりざんの筆算は、易しく感じるようになります。そろばんでの加減乗除の基礎ができた後に、お子さまの能力に合わせて適切な時期に、かけざん・わりざんの暗算のやり方を学習します。(この段階が終わるまで、入門から早くても半年~1年は、かかります。)

 授業時間等の詳細

 小学校1年生以上の方はこちらをご覧ください。

ページの先頭へ